屋根塗装

屋根塗装が必要な理由
屋根は、建物の中で最も雨風にさらされている場所。
経年劣化からは免れませんので、塗り替えメンテナンスは必須となってきます。

ご自身では中々、間近で見る機会がないため、雨漏りなどの症状が起こってから気付く方が多くいます。
家の躯体部分に雨水を侵入させる前に、早めの対策をおすすめします。

塗り替えの目安は、外壁の劣化が見受けられたら。
壁材にヒビや色あせがあるということは、屋根材にも少なからず同じ症状があると言っていいでしょう。

トラブルがひどくなると、屋根の葺き替えをしないといけないことになり、かえって費用がかさんでしまうことも。
我々プロが、屋根の状態・状況を見極め、最適なご提案と施工をいたします。

屋根塗装の施工ポイント!
箕面市で塗装を専門に行っている「松井塗装店」が、施工で必ず行う「屋根塗装の施工ポイント」をご紹介します!

【 ポイント 1 】 屋根材の種類と状態の確認・塗料の選定
塗り替えが必要な屋根材は主に、スレート屋根(カラーベスト・コロニアル・波型スレート)・トタン屋根・セメント瓦・金属屋根など。
これらの屋根は、仕上げを塗装で行っているため、定期的な塗り替え工事が必要になります。
屋根材の種類と、劣化の状態を見極め、最適な塗料を選定いたします。

【 ポイント 2 】 下地処理は丁寧に!
屋根塗装を行う前に、何よりも重要な工程があります。それは、充分な高圧洗浄を行うこと。
カビ・コケ・ホコリや、劣化した旧塗膜などをキレイに洗い流すことで、仕上がりの美しさと、持ちの良さが断然変わります。
余分なものを洗い流した後は、ひび割れや欠損部分を丁寧に補修。
塗り替える前の下地工程を十分に行うことが、美観性と耐久性を長く保たせる秘訣です。

【 ポイント 3 】 縁切り作業(タスペーサー)
塗り替えたことにより塞がってしまった屋根材の隙間を、タスペーサーという器具を使って開ける作業です。
雨水の通り道をつくることで水が捌けやすくなり、屋根の腐食を防ぐ働きがあります。


塗り替えなら箕面市の「松井塗装店」へ!
直通:090-5974-5697 (事務所:072-747-6242)
◆メール:こちらのフォームからどうぞ≫
▼当社にできること▼
外壁塗装
ベランダ防水
店舗・集合住宅ほか

一覧に戻る

▲TOPへ